断食道亭日乗。旧「宇宙日記。宇宙にはぜんぶある。」

(消防署のほうから来ました。) 食道癌→術後肝転移(Stage IV)のヲッさんの暮らし。

<閲覧注意> 抗癌剤で蕁麻疹が出る

きょうは、隔週ある薬物治療の6回目。

相変わらず最初にデクサメタゾンというステロイドを投与されたあとに、Fluorouracil と Oxaliplatinという二種類の抗癌剤の点滴を受ける。

ふだんは何ともないのに、きょうは投与開始から20分ぐらいで、蕁麻疹が出てきた。

蕁麻疹など出たことが無いので少し驚いた。

 

以下写真があります。

やや閲覧注意

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

 

f:id:dv6:20210422080927j:plain

右腕の蕁麻疹。

さいしょに腕が痒いなぁ、とボリボリ掻きだしたら、背中も胸部も痒くなってきた。見てないけどたぶん全身に出ていたんじゃないだろうか。

いやーちょっと何か出て痒いんですけど、と看護師さんに話したら、直ぐにドクターを呼んでくれて、呼吸や脈拍や血圧や血中酸素濃度を測られて、取りあえずはシリアスな(アナフィラキシー)ショック状態では無いということで、ステロイドと何かほかの薬剤の点滴を追加され、抗癌剤は一時中断して様子を見ることに。

ほどなく、20分もしたら、蕁麻疹も嘘のように消えて無くなったので、抗癌剤投与再開となった。

先日指摘された血小板の基準地以下の数字が影響しているのか、それともかれこれ3か月になる抗癌剤投与の長期的な副作用なのかはわからない。

ドクターは「珍しいことではない」と言い、眠くなる成分の入った薬剤を点滴したからと、私の帰りの車の運転のほうが心配なようだった。

確かに眠くなったけれど、医者から車で5,6分なので、運転して帰宅した。

 

それから貧血の対策として、ステーキ肉を買い、プルーンとビーフジャーキーも買った。造血細胞自体が抗癌剤の影響を受けているわけで、食べ物で効果があるかどうかは分からないけれど。