断食道亭日乗。

旧「宇宙日記。宇宙にはぜんぶある。」(消防署のほうから来ました。) 改題。食道癌と診断されて禁酒したアメリカ人の中のひとのブログ。

コロナの影響でアメリカでも浪人生が大量発生か?

2ヶ月ぶりの散髪。Stay home orderで理髪店美容院はずっと営業停止なので、行きたくても行けなかった。今日から、隣の州の美容院は、予約限定でそのキャパシティの50%までの客を受け入れても良い、という規制の緩和が始まると知って、家人が2週間前から予約を入れていた美容院に行ってきた。北へ片道40マイル。

手術前に頭髪をサッパリと短く出来て良かった。有難い。2ヶ月間閉めっぱなしで商売上がったりだったと美容師さんは言う。補助金を申請すれば貰えるらしいけれど、それはこれからだと言っていた。他家賃やらクレジットカード会社の手数料など、商売には色々経費がかかるのだという。

整髪料$25のところ今回は少し多めにチップ$20を置いてきた。頑張っていただきたい。

美容師さんの娘さんは、スポーツ推薦で幾つかの大学から声がかかっていたけれど、このコロナの騒動で、希望している大学にどれも断られてしまったという。アメリカの大学スポーツには詳しくないけれど、聞くところによれば、今年のシーズンはどのスポーツも対外試合が取り止めになっており、選手はもう1年、合計4年間を超えない限り、留年してでもプレイが出来るので、多くの学生選手はそうするのだという。結果、新入生にポジションが空かず、スポーツ推薦枠での入学が絞られるということらしい。そういうこともあるのか。

別の話だけれど、大学に高額の授業料を払うのに、授業がオンラインでは納得がいかないと、今年の入学を見送る、「浪人」するという生徒もいる、というニュースをそういえば読んだ。コロナはこんなところにまで影響を及ぼしているのか。

かの美容師さんの娘さんは「浪人」するのだろうろうか。スポーツ推薦枠ではなく一般の入学手続きでもちょっと遅い気もする。

そういえば日本でも甲子園の野球が中止になったというし、ヤングな若者の1年というのは、果てしなく長い時間であるから、気の毒な話しだとは思う。けどまぁ世の中ってのは常にそんなもんであるとも思う。死にはしないので心配しすぎはよろしくないぞ。

f:id:dv6:20200530125633j:image

本エントリーとは全く関係ない牛たん弁当。たしか東北新幹線の中で食べたやつだ。

プライバシーポリシー & お問い合わせ