断食道亭日乗。

旧「宇宙日記。宇宙にはぜんぶある。」(消防署のほうから来ました。) 改題。食道癌と診断されて禁酒したアメリカ人の中のひとのブログ。

黒ゴマプリンのコスト

(ねりゴマで作ったプリン。ゴマが浮いてる。)


「ハウスの黒ゴマプリンの素」を買って作ってみたら、わりと好評だった。

ひと口味見したら、なるほど黒ゴマプリンだ。

某日本食料品店で、ひと袋$3.58。

牛乳400CCを混ぜて作るので、100ccほどの容量のプリンが4つできる。

牛乳400ccの代金(半ガロン1.95リットルあたり$4.50。400ccあたり¢90)を勘定に入れると、プリンひとつ$1.12という計算になる。

(米国では、食料品は非課税か、軽減税率の対象で、税率は州によって異なる。さらに、州を跨いで通販などで購入すると、消費税がかからないというマジックがあったりでややこしいので、購入した価格そのままで計算している。)

日本だと、実勢価格ひと箱¥214(消費税8%込み。以下同)くらいで売ってるようなので、$1≒111円として、$1.96くらいか。牛乳は1リットル238円として、400㏄あたり95円約¢86。

(214+95)÷ 4 = 75

プリンひとつ77円 または¢69。

アメリカで作るよりも、4割安程度か。

 

ううむ。

では「ハウス黒ゴマプリンの素」を使わずに、ねりゴマで作ったらどうかと思いつく。

 

f:id:dv6:20200224063919j:plain

黒ねりゴマ300gで$11.68だった。

これは良いねりゴマですね...

香りが良い。

ネットで探したレシピによれば、80gのねりゴマ+ゼラチン8g+500ccの牛乳と砂糖80gで、プリン5個分と出た。

ハウスのやつと量を合わせて、16gのねりゴマと1.6gのゼラチンと100㏄の牛乳と砂糖16gを使うと、1個あたり100㏄ちょっとのプリンが出来る計算になる。

ということは、ひと缶300g入りのねりゴマと30gのゼラチンと1.9リットルの牛乳と砂糖300gで、19個の黒ゴマプリンが出来る計算になる。

ゼラチンは1オンス(28g)入り$2.30。牛乳は半ガロンで(1.95リットル)$4.50 。砂糖は1パウンド454gで$1.70くらいだから、300gで$1.14。

{$11.68(ねりゴマ)+$2.30(ゼラチン)∔$4.50(牛乳)+$1.14(砂糖)} ÷19≒1つ$1.03と出た。

ハウス黒ゴマプリンの素で作るよりも、ほんの少し(¢9)お得である。

ほんの少しお得だけど、これは、laborというか、労力が計算に入っていない。

ハウスの黒ゴマプリンの素は、粉末を牛乳に溶かして沸かすだけだけど、缶入りのねりゴマは、油分とゴマ部分が分離しており、これを練り直すのがなかなか大変な作業だった。

さらに練ったゴマと砂糖を合わせたり、ゼラチンを別途ふやかしたりと、手数が多い。

出来上がり1つあたり¢9のコストの差ならば、作りやすさでハウス黒ゴマプリンの素に軍配がもの凄く上がる。

お?

日本のRakutenだと、業務用の黒ゴマプリンのの素800g入りが、送料を入れて2,184円(税込み2,359円)で売っている。

item.rakuten.co.jp

業務用の素800g入りだと、100ccの黒ゴマプリンが54個作れる計算になる。

牛乳代(54個分5.4リットル1,285円)を入れると、

{2,359円+1,285円}÷ 54=、1つ¥67.5 ≒¢61という計算になる。

コストがグッと下がった。

余談ながら。

飲食店の原価率は3割程度だとして、黒ゴマプリンに、ホイップクリームなんかをチョイチョイとあしらって、プラス10円ほどで原価¥77(≒¢69。)

メニュー価格は$249(税別)で如何でしょう?

アメリカなら、その辺のジャパニーズレストランで、$4くらいで出ててもおかしくないな。

知らんけど。

ちなみに缶入りの黒ねりゴマ。日本でなら¥1,004で売ってる。

 

九鬼 純ねりごま割烹用白 300g

九鬼 純ねりごま割烹用白 300g

  • メディア: 食品&飲料
 

もう計算するのが面倒だど。

{ねりゴマ1,004円+牛乳446円+グラニュー糖300g78円}÷19=80.4

黒ゴマプリン19個がひとつ¥80.4 ≒ ¢72.4くらいで出来る計算になる。

本物のねりゴマを使うと、お値段高め。

だけども。

さっきブラタモリを観ながら、出来上がった黒ゴマプリン(ねりゴマ使用・アメリカ的な原価$1.03)を味見したら、ハウスの黒ゴマプリンが遠方彼方へ霞んでいく濃さだった。

濃い。ゴマとごま油の味と風味がする。

ねりゴマを6割くらいに伸ばし使っても、黒ゴマプリンとして成り立つと思う。

つまり、300gの練りゴマで、31個のプリンが作れる計算になる。

300g入りの缶入りねりゴマを使って黒ゴマプリンを作ると:

アメリカ値段 ひとつ¢67

{練りゴマ$11.68+牛乳3.1リットル$7.15+砂糖496g$1.86}÷ 31=¢67

日本値段 ひとつ60.35円 ≒ ¢54.37

{練りゴマ1,004円+牛乳3.1リットル738円+砂糖496g129円}÷ 31=60.35円 ≒ ¢54.37

 

アメリカの場合は、ハウスの黒ゴマプリンの素を使うのよりも6割安くできる計算になる。

値段よりも美味しければいいと思う。

あと私はべつに黒ゴマプリンが特別好きなわけではないな。

あれば食べるけど、わざわざ作ってまでは食べないかもだ。

プライバシーポリシー & お問い合わせ