宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

夏水仙(ナツズイセン)

f:id:dv6:20170808110216j:plain

『暑さ寒さも彼岸まで』なんて言いますが、はて「彼岸」(ひがん)って何ぞや?と考え出すと、夜も眠れませんやね。(®春日三球照代)で御座いますが。

彼岸、については、Wikiなどご自分で健作チャー吉川クンもとい検索されますようよろしくお願いします。 

それはさておき。

彼岸花。

あるいは曼殊沙華(マンジュシャゲ)。

と思ったら、写真のものはどうやら極めて近親種の「夏水仙」(ナツズイセン)という花のようです。

棲んでるアパートの入り口付近で発見したの。 

さすが近親種。曼殊沙華(マンジュシャゲ)と同じで、花の咲く時分には葉が無くスッくと立ち上がる姿は美しいですね。

そして、曼殊沙華(マンジュシャゲ)或いは「ヒガンバナ」の近種よろしく、毒があるそうです。たぶん水に曝したりすれば食用になったりするんでしょうけどもそれはさておき。