宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

さらば、UNIQLOと言おう。

f:id:dv6:20170625102232j:plain 

パンツ(いわゆるズボン)ですね、体重が落ちたら、手持ちの全てのパンツが緩くなってしまいました。そりゃベルトすれば留まるんですが、なんやビンボー人の10人兄弟の末っ子が兄ちゃんの兄ちゃんの兄ちゃんのお下がりを無理して着てる感があって、国や地域や人種によっては "cool" カッコいい!ちゅうファッション()かもしれませんけど、いやいやいやいや…ヲッサンにあっては、サイズの合わない服装は、みっともない感じしかしないのであります。ジーンズやチノパンは、ベルト無しで、ジャストサイズで履きたいじゃないですか。歳いったら、見てくれは小奇麗にしとかんとね。

というわけで、パンツを買おうと。ヲッサンが。

…むーん。

さいしょに思いついたのはUNIQLOです。お値段そこそこ、無難な品揃えと値段相応な品質。チノパンやジーンズの2,3本くらいサクッと買うたろやないかと。

思うに減量まえの、ややフクヨカだった頃までは、己のサイズと、UNIQLOのサイズ感が分かっていたので、何の苦労もなくネットでシャツやらアンダーウェアやらをポチポチ買ってたんですが…減量してしまった自分のサイズが分からない、ということにハタと気付きましてですよ。ですよ、や、これはUNIQLOに限らないんですが、よく買ってたUNIQLOを例えに申しておりますが、実際に店舗に出向いて、もう試着してみないとサイズが分からないと思った次第なんですよ。たとえば○○インチいうても、メーカーというかブランドによって結構違いますよね?そんなわけで。いっぺんサイズ感が分かってしまえば、太ったり痩せたり、大きく体形が変わらない限りは、もうネット通販で買えるわけですから。

で、行ってきましたよUNIQLOさんへ。去年まで一番近くてNYにしかなかったんですが、最近近く(と言っても車で15分~20分くらいかかる巨大モール内)にオープンしたというので、丁度いいやと。

結論からいうと、もうUNIQLOでパンツは買わないですね。いや買えないんですよ。細身過ぎるんですよ全部。いつからああなっちゃったのか知りませんが、ウエストと丈が丁度いいサイズでも、腿やフクラハギに余裕が無くピッタリしているのです。あああ、これ、今どきのヤング確かにこういうの着てるなぁ!とハタと気づきました。ザ・細身。いえあの「スキニー」のじゃなくて「Straight」のパンツでそれですよ。えー?ヲッサン、別に筋トレしてるわけじゃなし、極めて普通の足の太さだ思うのだけど。

アツッー、もしかしてアレですかね?アメリカで展開しているUNIQLOって、シャレオツなヤングアダルトがターゲット層なのか、と思うに至りました。ヲッサンに売る気は無いと。

ともあれUNIQLOでは、シャツや下着類なんかはいいけど、もうパンツは買えないと悟った48歳の夏でありました。普通のすとんとしたストレートのパンツを置いてくれない限りは。残念。さらばUNIQLO。

友人(女性)複数に相談してみたところ、ヲッサンはやはり、Brooks Brothersとか、LL Beanとか、Lalph Raurenあたりでパンツを買えば?という助言を頂きました。GAPとBANANA REPUBLICじゃダメかー?と思ったけど、これらもヤングアダルト向けっぽくはあるんですよね。店に出向いて服とくにパンツなんて、暫く買わなかったから、今やすっかり何処でヲッサン向けのパンツを売ってるのか、わからんちんですばい。