宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

アル中のおっさん、千里を走る。養命酒の想い出。

むかし働いていた新聞販売店、新聞奨学生で2年くらい後に入ってきたO君は、元高校球児で、わりと名の知れたS県の某高校の出身であった。

わたくしもO君も若かったけれど、新聞販売店の仕事も、まじめにやれば(これ重要)真面目にやればですよ、配達から折込の準備、集金に拡張と夜討ち朝駆け、かなりの肉体重労働なのでありますよ。

毎日眠くて、いつでも身体がだるかった気がします。20代だったのに。

ある時血液検査で肝機能異常が疑われて精密検査となり、エコー検査で「脂肪肝」と言われたことがあるんですが、それはたぶん宜しくないキノコを食べていたせいかと思われます。(90年代初頭はまだ合法だったような気がしますがそれはさておき)いや、不規則な生活と不摂生でしょうね。酒は飲むし食事はコンビニ弁当とかでしたもん。寝ないで競馬場に行ったり野球を観にいったり。

 

で、ある朝だったか晩だったか。

食事をしながら競馬新聞を広げてテレビなんかを観ていたときに「養命酒」のCMが流れてO君、

「あー(野球してた頃は)良く飲まされましたよー。あれ結構効くんですよ!」

というワケです。

おーそれはいいかもね。

と、半分冗談で、買ってきた「薬用養命酒」。

養命酒は、アルコール度数14%もある立派な酒なのだけれども、「第二類医薬品」でもあるので、医薬品医療機器等法酒税法の両方の適用を受ける(Wikipedia)んだそうであります。酒屋で買ったのか、薬局で買ったのか記憶が定かでない。養命酒のウェブサイトに行くと、薬局、薬店、ドラッグストアでお求め下さい、とあるので、たぶん薬局で買ってきたんだとおもう。

飲んでみるとこれが強烈な匂いと味。

アルコール度数14度の酒に「生薬」が溶け込んでる、そのまんまのお味。付属の小さいカップを飲みきるのが辛かった。

これは酒ではなくて、お薬ですな。

小さいカップにひとつ飲んだだけで、残りはO君にあげましたよ。

「いいんですか?どうも。」

って言ってたくらいだから飲んだんだろうなぁ、その後。

私は酒が好きなので、大概のお酒は飲むけれども、あれはダメだった。

あれはお薬。

で、思い出したのが父親。

あのひともお酒が好きで、晩酌を欠かさない男でしたが、ある日買い置きの酒が切れたタイミングで、偶々人に貰った「養命酒」があったんでしょう。

これも酒だしな、とグイッと飲んで「こりゃダメだ」って、言ってた。そういえば。

当時小学生くらいだったわたくしも、ひと舐めさせて貰ったような気がする。ひと舐めだったので、それほど強烈な記憶は無かったと思うのだけど、すんごい匂いだったのは覚えている。

 

さて、アル中、いまどきはアルコール依存症と言うんでしょうけど。

ご病気ですね。

中島らも(故人)や、鴨志田譲(故人)などの著作で、まことにリアルなご本人の闘病記が読めます。震えますよ。

おふたりの特徴は、めっぽう酒に強くて、いくらでも飲めちゃうところと、感受性の強さでしょうかね。

 

まそれはさておき。

 

アル中といえば。

ずいぶん前に間借りしていた家のオーナーがこれでした。

何度か救急車が来て運ばれていってたから、かなり重症だったんじゃないかな。

真っ青な顔で、「家賃前払いしてくれないか?」と聞かれたこともあるし、あれで酒買ってたんだろうな。

冷蔵庫に置いてたビールや日本酒が、ちょくちょく無くなってるのは前から気付いていたんだけど、他のルームメイトが飲んだのかな、と、あまり気に留めずにいたのだけれども、ある時そのオーナーの奥さんが来て、ダンナはアル中だから、冷蔵庫のお酒盗ってない?って聞いてきたんですね。それでああ、あのひとの仕業か、と分かった次第で。あのオーナー、もうたぶん生きていない気がする。

あれ、重度になると、アルコールの入ったものなら何でも飲んじゃうんだそうですね。

・・・マウスウオッシュなんかも。

となると、「養命酒」なぞ余裕でグイグイ飲めちゃうんでしょうね。

というわけで、他に酒が見当たらない時に養命酒をグイグイ飲むのはアル中。

以上です。