読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

Jury Duty

陪審員候補者としての召喚状が届いたので、裁判所に行ってきた。市民になって2度目、3年か4年ぶり。

 

 

      f:id:dv6:20150801195401j:plain

月曜日の朝9時までに出頭せよ、というので、通勤ラッシュ時のメトロに乗る。夏休み時期だというのに、結構混んでる。

 

 

        f:id:dv6:20150801195601j:plain

交通の便がよいのは有り難い。前に住んでいた州のCountyは広くて1時間くらい運転して行った記憶がある。

 

f:id:dv6:20150731124943j:plain

 

裁判所に着くと、Juror Assembly Room なる部屋に通され、オリエンテーションがあった。陪審員に選ばれたら、案件についてニュースなどを検索してはいけないとか、外部のものと話してはならないとか、そんな注意など。

 

f:id:dv6:20150731124945j:plain

そして現金$30が支給される。Jury Dutyは報酬を得る仕事ではなく、「Civic Duty」であるから、ということだろうか。あくまでも交通費と軽食代程度。日本の裁判員の日当(聞く所によると1万円程度?)とはえらい違いである。

時給や日給で働いている人たちは、この程度で最低半日は拘束されてしまい、そのぶん収入減となるのだから、陪審員候補として呼ばれて喜ぶ人は、暇をもてあましている人か、裁判好きの人に限られるのではないかと思う。しかもこのCountyでは、月曜から木曜までの4日間、前日の夕方に裁判所のウエブサイトをチェックして、自分の陪審員候補番号を照会して、選ばれていれば翌朝行かなければならないのである。つまりその週の月曜から木曜日までの4日間は全く予定が入れられない。

70歳以上であるとか、小さい子供が居て、面倒を見るのが自分しか居ないなどの場合は免除になるけれど、仕事が忙しい、長期旅行の予定がある、などの理由では免除とはならず、日程が延期されるだけで逃れられないのである。

 

(法廷内は撮影禁止なので写真はありませんよ。)

さて、月曜にJuror Assembly Roomに集まったのは20人ほど。

・・・少ない。前の州では大きな部屋に100人ほどは居たのに比べて、格段に少ない。

ここは小さなCountyというのもあるけれど、夏休み時期でやはり裁判自体が少なくて、この日は1件しかないとの事。

これが何件も裁判があれば、どんどん陪審員が選ばれていき、終日裁判所に残らなければならない可能性が高いのだけれど、裁判が1件だけとあれば、選ばれずに、帰宅して宜しい、となる可能性のほうが高い。

全員が法廷内に呼ばれる。銃を携帯した、ごっついSheriffが居る。立ち上がって宣誓。

法廷内の候補者20数名から、裁判所側が13名ほどを無作為に選んで名前を読み上げる。

・・・5人目に選ばれてしまった。

案件は民事訴訟。犬に噛まれた女性が、飼い主を訴えたもの。

判事補が、「この事件について直接または間接的に知っているか、原告、被告、または証人と知り合いか、利害関係にあるか?」と陪審員候補者に聞く。これにイエスと答えて、公平な評決が出来ないと判断されれば、そこで陪審員候補者から外されるのである。小さなコミュニティでは無い話ではないだろうな、と思う。

実際、この日呼ばれた陪審員候補者の中に、数年前に職場を退職した人を見かけたから、It's a small world 小さいコミュニティなのである。

次いで双方の弁護士が質問。

犬を飼っているか?という質問は分かるけれど、持ち家か?という質問は何故だったのだろう、飼い犬の管理か何かだろうか。

案件は民事なので、これらの質問を元に、双方が有利となりそうな陪審員を候補者13名から最終的に6名選定して確定するのである。

うーん、選ばれるのも興味深いが、選ばないでくれても有り難い。

最終の6人には・・・選ばれませんでした。原告被告どちら側が外したのかは不明。理由も不明。極私的には、犬は大好きなので、よほど飼い主の躾が悪いか、咬まれた女性側が意地悪をしたのか、ボンヤリ考えたけれど、犬も色々なので分からんなぁ、という顔をしてたとは思うけれど。

判事が、「残って裁判を見学するもよし、帰ってもよし、夕方に裁判所のウエブサイトをチェックして、明日出頭の要があるかどうか確認すること」と言う。

残って見学してもよかったのだろうけれど、なんだか疲れてしまったので、帰宅することにした。見たところ選ばれなかった候補者は全員帰宅。

この時点で11時半。

このあと裁判が始まり、昼食休憩を挟んで夕方まで裁判があったのだと思う。

 

    f:id:dv6:20150731124950j:plain

 

裁判所が「この人は確かにこの日に陪審員候補者として裁判所に来ましたよ」という証明書を発行してくれる。これを職場に出して「公休」にして貰う。

 

次に呼ばれるのは3年過ぎたあと、また無作為に選ばれるのだという。・・・これが民事でなくて殺人などの刑事事件案件であると、裁判も数日から数週間に及ぶこともあるというから、これまた大仰な話になってくる。もっとも此処は、比較的治安の良いCountyなので、そういった裁判は少ないという話ではあるけれど。