宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

唐揚げとは

f:id:dv6:20181120223636j:image

某評判のラーメン屋に行った。

Google先生で4.3/5 という高評価だ。

残念。美味しいとは思わなかった。

この界隈に住んでて、このラーメン屋を評価した人々とは、味覚のツボが違うんだろうと思った。アメリカで日本食やラーメンを食べると、よくある事なので驚かない。

サッポロドラフトビール。サーバーを掃除してませんね。

真打ち「Chiken Karaage」登場。

鳥の唐揚げだと思ったら、パン粉を塗したカキフライの体を成したチキンカツがお出ましに。

2度と行かない。評判の店である。

賞味期限切れ選手権優勝作品

f:id:dv6:20181115014346j:image

ほぼ9年前に切れてますね。消「費」期限でしょうか。賞「味」期限切れではないですね。

f:id:dv6:20181115014333j:image

ノザキのコンビーフさんであります。

考えようによっては、ベクれる前の貴重な資料でもあるわけですが。

先日酔った勢いで開けて食べてしまいました。

f:id:dv6:20181115014554j:image

美味いうまい。美味かったですよ。

新しいものよりも、味がこなれてると言いますか、脂と肉と調味料が、よく馴染んでる感じがしましたね。

お腹をこわすとか、ヘンな吹き出物が出たりとかはありませんでした。古い缶詰は良いものですね。

 

 

密林(Amazon)で仏壇を買う

f:id:dv6:20181103141803j:image

「死を待つあいだ。」という話を書いているんですが、改題、「密林(Amazon)で仏壇を買う」にしようと思います。

人が死ぬ特に肉親だと、あれやこれや事務処理や手続きや残された人々のパワーバランスが崩れておよよよよって事態を、叔母と実父を立て続けに亡くしまして、もー現在進行形で被っております。

今年はそんなんで秋が無かった。

冬を乗り切る覚悟どころか、迎え撃つ体制も出来ていない。のにもう11月ぢゃないか。

 

 

10月

f:id:dv6:20181004213458j:image

10月にホタルは初めて見た。

よく見ると蜘蛛に襲われているところだった。

飛ぶ力も無く断末魔の光だったのかもしれない。

ところで。

人は自分が時間と労力、時には命と財産をかけて、一生懸命やった物事に意味や価値があると思いたいものですね。側から見たら無意味で無駄で、箸にも棒にもかからないどうしようもないものでも。

広く知られたところでは、先の大戦の、日本軍の補給を軽視した戦う前の餓死だとか。身近なところでは、職場で言うと、共有する人間の使い勝手や拡張性も考えずに、1人の独断独善で進めて、もはや手のつけようのないエクセルファイルとか。とか。

でこれを指摘すると怒るのね。すんごい怒る。これだけ手間かけて一生懸命やったのに、何にもしないお前がダメ出しするのか!?と。

あーそだねー。それ無駄な仕事だったねー。と影で言われてますからね。

回転ずし

f:id:dv6:20180922075121j:image

鮪の刺身。うまい。

 

f:id:dv6:20180922074708j:image

クジラの握り。うまい。

 

f:id:dv6:20180922074734j:image

赤貝。うまい。

 

f:id:dv6:20180922074811j:image

さんまの握り。うまい。

 

f:id:dv6:20180922075207j:image

50歳のヲッさん2人で100歳。10皿くらいしか食べなかったけど満足。(飲み物も皿で精算するので、食べた枚数より多いです。)

けど夏が終わってないのに、貝類を喫食したのは迂闊でした。

 

作り置き

f:id:dv6:20180904032355j:image

キンピラゴボウや、ひじきの煮付け。コンニャクの炒り煮にトマトソース。えのき茸のなめ茸風。などなど。

休みの日に、弁当のおかずや日頃のお惣菜を作り置きしておかないと、普段は料理をしてる暇がないので。

f:id:dv6:20180904032626j:image

冷食のシウマイや春巻きも、簡単便利なので、積極的に利用します。有難や。

って8月はいっぺんも書かずに過ぎてしまったので、間に合わせの日記でした。

忙しい忙しい。