宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

料理するとき

f:id:dv6:20190218232700j:image

さっき朝食用にと焼いてみたんだけど、これは本当に「もちっ」として美味しかった。原材料見ると、デンプンが配合されてるみたいなので、キャッサバ粉とかあの辺のものが入ってると想像。バゲットなんかのあのもちっと感に通ずる感じがあったので。知らんけど。

しかし、家の人が在宅で仕事またはお勉強なさってると、お香を焚くわ音楽を流すわで、こちらが料理してるときだと、地味に邪魔ですわよ。においは味だし、材料の切れ方や、火の通り加減は、音を頼りにもしてるのですわたくし。換気と防音がしっかりしたキッチンを希望します。

けどそんなの気にしないって人もいるんでしょうね。とある知ってる洋食のシェフは、なんかガンガンに音楽をかけながら仕込みしてたもんなぁ。不味いって評判悪かったみたいですが。

さいきんのキッチン

f:id:dv6:20190215002747j:plain

豆撒きをしたままだったし、前の晩にPyrexの耐熱容器をうっかり落として粉々にしてしまったので、重い腰を上げて久しぶりに掃除をしたら、干からびたシウマイが出てきた。たぶんAJINOMOTO製。

全くもって、完全に干からびていて、カラコロと転がってきたので、最初は貝柱?と思ったほどだ。キーホルダーに出来るくらいよく出来たイミテーションのようだ。



f:id:dv6:20190215005639j:plain

カップ焼きそばを派手にぶちまける。酔って料理をしてはいけない。

 

f:id:dv6:20190215010943j:plain

さいきんは便利な「茶碗蒸しの素」なるものが手に入り、割を計算せずとも、水と卵と具を用意すれば、かなり旨い茶碗蒸しが出来る。

このうちのひとつの容器を落として割る。

耐熱ガラス容器は丈夫だけれど、丈夫なだけに割れたときに鋭い破片になり勝ちで非常に危ない。

 

f:id:dv6:20190215011256j:plain

ピザは美味い。具は載せすぎないほうが良い。

唐揚げとは

f:id:dv6:20181120223636j:image

某評判のラーメン屋に行った。

Google先生で4.3/5 という高評価だ。

残念。美味しいとは思わなかった。

この界隈に住んでて、このラーメン屋を評価した人々とは、味覚のツボが違うんだろうと思った。アメリカで日本食やラーメンを食べると、よくある事なので驚かない。

サッポロドラフトビール。サーバーを掃除してませんね。

真打ち「Chiken Karaage」登場。

鳥の唐揚げだと思ったら、パン粉を塗したカキフライの体を成したチキンカツがお出ましに。

2度と行かない。評判の店である。

賞味期限切れ選手権優勝作品

f:id:dv6:20181115014346j:image

ほぼ9年前に切れてますね。消「費」期限でしょうか。賞「味」期限切れではないですね。

f:id:dv6:20181115014333j:image

ノザキのコンビーフさんであります。

考えようによっては、ベクれる前の貴重な資料でもあるわけですが。

先日酔った勢いで開けて食べてしまいました。

f:id:dv6:20181115014554j:image

美味いうまい。美味かったですよ。

新しいものよりも、味がこなれてると言いますか、脂と肉と調味料が、よく馴染んでる感じがしましたね。

お腹をこわすとか、ヘンな吹き出物が出たりとかはありませんでした。古い缶詰は良いものですね。

 

 

密林(Amazon)で仏壇を買う

f:id:dv6:20181103141803j:image

「死を待つあいだ。」という話を書いているんですが、改題、「密林(Amazon)で仏壇を買う」にしようと思います。

人が死ぬ特に肉親だと、あれやこれや事務処理や手続きや残された人々のパワーバランスが崩れておよよよよって事態を、叔母と実父を立て続けに亡くしまして、もー現在進行形で被っております。

今年はそんなんで秋が無かった。

冬を乗り切る覚悟どころか、迎え撃つ体制も出来ていない。のにもう11月ぢゃないか。

 

 

10月

f:id:dv6:20181004213458j:image

10月にホタルは初めて見た。

よく見ると蜘蛛に襲われているところだった。

飛ぶ力も無く断末魔の光だったのかもしれない。

ところで。

人は自分が時間と労力、時には命と財産をかけて、一生懸命やった物事に意味や価値があると思いたいものですね。側から見たら無意味で無駄で、箸にも棒にもかからないどうしようもないものでも。

広く知られたところでは、先の大戦の、日本軍の補給を軽視した戦う前の餓死だとか。身近なところでは、職場で言うと、共有する人間の使い勝手や拡張性も考えずに、1人の独断独善で進めて、もはや手のつけようのないエクセルファイルとか。とか。

でこれを指摘すると怒るのね。すんごい怒る。これだけ手間かけて一生懸命やったのに、何にもしないお前がダメ出しするのか!?と。

あーそだねー。それ無駄な仕事だったねー。と影で言われてますからね。