宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

国語の教科書の思い出と不幸の手紙

f:id:dv6:20180407191113j:image

今時の国語の教科書は、大判でカラフルなんですね。

幼稚園から小学校へ、そして中学校へ通い、それから何となく高校へ潜り込み…毎年変化するカンキョーに、春はなかなかキンチョーする季節でもありました。昔はどうやって新しい友達を作ったんだっけな…などと、陽の角度は上がっていくのに、この薄ら寒い季節が来ると、昔の話なのに、なんだか薄ぼんやり思ってしまうのは、桜の花粉に含まれるヨロシクナイ麻薬成分とはたぶん関係がないと思いますが。

長い話を短くすると、新年度に教科書を貰いますよね。中学までは無償で、高校の教科書も、それほど高価だった記憶は無いんですが、自分が払ったわけではないので、なんとも言えません。教科書だけではなく、体操着や制服なんかも買うわけで、裕福な家ではなかったウチの親にとっては、それなりの出費だったとは思います。

勉強が好きでも出来るわけでも無かったけど、わりと楽しみにしていたのは、国語の教科書でした。読むんですよ。読書するのです。(買って)貰ったその日から2、3日で殆ど読破しちゃう。本を読むのが好きだったので。小学校から高校3年生の教科書まで、これはこんな薄ら寒い季節の楽しみでした。

教科書で読んで面白かった作者の文庫本などを探して買って読んだりしました。今思えば図書館で借りて読めばいいのになぜそうしなかったのかは謎です。買って読んで本棚に増えていく本が嬉しかったのかな、きっと。魯迅の「故郷」なんか、中学の頃に読んでも面白かったけれど、大人になって読み返すとまたしみじみと思うところがあって、本を買い直しましたからね。いちばん好きだったのは、阿部昭の「未成年」の一部と、と梶井基次郎の「城のある町にて」の一部です。私小説と分類されるものでしょうか。内向的なヤングだった私の心に、刺さるものが沢山あったように思います。この2人の小説は、大人になってからも本を探してよく読みました。アメリカに引っ越す時に処分してしまったと思うのですが。

すっかり読んでしまってたからかどうか、国語の授業は基本的に退屈でした。つまらないと思って読み飛ばした評論文や古文漢文はもとより退屈過ぎ、国語の授業中は、内職するかボンヤリしてるか、筆者の顔写真に落書きするか、そんなんでした。

けれど、さして勉強もしなかったのに、国語の試験の成績だけは悪くなかったんですよねぇ。

読むだけでなく、書くこともしてたからかも知れません。

小学校の4年生か5年生くらいの時に、某学習雑誌の文通(って若い人たちは知らないかも?)募集欄に、載ってしまったんですよ。小学生の住所が雑誌に載るってまーそういう時代だったというのはさておき。

そしたらドンドコドンドコ手紙やはがきが毎日届くんですよ、全国の小学生から。多い日で10通以上は届いたのかな。面白そうな人には返事を書いたけど、もうそんなにたくさんの人に手紙は書けないから、断りの返事を書いたり、返事しなかったりでした。返事しなかった人御免なさい。続いた人とは、1年以上は手紙をやり取りしてたと思います。もう名前もよく覚えてませんが。長い話を短くすると、自発的に「書く」という作業もやっていたということで、これも国語の成績が悪く無かった理由のひとつかも知れません。

さて、「不幸の手紙」。ご存知ないかたはネットで調べると色々出て来ると思いますので、詳細は書きませんが、イタズラ愉快犯の類いですね。ネットの時代になっても迷惑メールのブロック機能なんかが緩かった頃は「チェーンメール」や「幸福のメール」なんてものがよく届いたものですが、あれの原型と言ってもいいのではないでしょうか。

「この内容の手紙(多くはハガキでしたが)を、〇〇日以内に〇人の人間に送らないと、あなたは〇年後に死にます。」という内容と、10人分くらいの住所が並べて書いてあって、1枚書いたら1番端の人をリストから外して、自分で探してきた誰かの名前と住所を書き加えたハガキを〇〇人に〇〇日以内に送る、といったものです。

こういう類いの手紙またはハガキが、5、6通は届いたのかな。大概エンピツ書きの小学生の筆跡で。今思うと悲しいですねああいうのは。小学生がたぶん怯えて、不幸の手紙を何枚も必死で手書きで書くんですよ。悲しいぢゃないですか。

当時の私も小学生ですので、驚いたし気味が悪いし死ぬのは嫌だし、親に相談したところ、そんなものは嘘に決まってるので燃やしてしまえということで、家の外で燃やしましたよ。やーひょっとして〇〇年後に死なないよなぁ?と、少し不安には思いながら。真っ当な親で良かったです。

「〇〇年」にはヴァリエーションがありましたが、10年以上長い年月のものは無かったと思うし、今こうして生きているので、やっぱりアレはガセだった(当たり前だけど)しみじみ思うのですよ。

今はパソコンでビャーっと文字を打てるし、コピペも出来るし、メールで一斉送信も出来るわけで、ああいう不幸の(または幸福の?)手紙なんてのは怖さも有り難さも薄いですよね。限りなく薄い。逆に今どき手書きのエンピツガキでそんな手紙が届いたら、ちょっと警察に相談しようかって思うくらい怖いですよね。絶対怖いですよね。

国語の教科書を見て思い出した事でした。

今回は纏まらず終わります。サンキュー

 

上を向いてアルコール (勝手に読後感想文)

f:id:dv6:20180326144135j:image

読了。

どうしても読みたくて、日本のAmazonにオーダー。DHLの航空便で3日で届きましたね。送料1000円くらいだったかな。2018年3月現在では、電子書籍化はされてない模様。

 

20年間「断酒中」という作者の「アルコホーリック」体験ですね。面白いエピソードを織り交ぜて、軽妙に書かれてはいるのだけれど、内容はわりと重いです。10年前にもこういう本を書かないかというオファーがあったけど、その時は向き合いたくなくて断った、と書かれているあたり、ギクリとしました。

アルコホーリック、またはアルコール依存症、あるいはアル中は、大酒飲みだけががなるものでもなく、持って生まれた体質や性格、それから生活環境によって、少量の飲酒習慣でもなりうるんですね。抜け出すにはアルコールのか関わらない仕事や生活や人間関係、つまり環境の再構築が不可欠だと。アルコールに限らず、薬物依存などにも通じる知見だと思いました。

私は大学のbehavioral scienceのクラスで、alcoholismの分厚い教科書を斜めに読んだり、ペーパーを書かなきゃいけなかったんでAA(Alcohol Anonymous)ミーティングに消極的に参加したことがあるのですが、アルコホーリック本人の実際の体験を、日本語で分かりやすく読めたのは興味深かったです。私が参加(見学)したアメリカのAAのミーティングは、なにぶん「神のもとに…」とか全員で復誦したりして、今ひとつピンと来なかったものですから。

アルコール依存症が「治癒」するものではなく、「坂道で転がってる玉を止めてるだけ」で、いつでもスリップ(また依存症に逆戻りしてしまうこと)しうる、今日1日、明日1日禁酒しているだけの状態で継続している、というくだりも、薬物で数回の逮捕歴がある某有名タレントさんも言ってますよね。

 

全ての酒飲み(とその周りの人々)必読です。酒好きとしては、うまく酒と付き合えればそれに越したことはないと思うんですが、どうもそんなにうまい話は少ないんじゃないかな、と思うようになりました。

あ、私はシラフの時に読みましたよ。

 

ストロング・俺

f:id:dv6:20180317072408j:image

人は何故働くのか。なぜ仕事するのかっていうと、何かしてないと昼間っから際限なく酒を飲んでしまうからですよ。

 

f:id:dv6:20180317073524j:image f:id:dv6:20180317073541j:image

よく確かめずに、うっかりアルコール度数の低いビールを1ダースも買ってしまいました。アルコール度数3.5%って、水代わりにダラダラ飲み続けるのには良いのかも知れませんが、個人的には薄いビールは好みではありません。お腹いっぱいになっちゃうし。何より糖質がガガガガー…

f:id:dv6:20180317073716j:image f:id:dv6:20180317073710j:image 

f:id:dv6:20180317074814j:image f:id:dv6:20180317074832j:image

というわけでヴォトカさんの登場ですよ。

アルコール度数、安心安定の40%本当にありがとう御座います。俺とお前とヴォトカ。

でですね、このアルコール漬けの小生のスーパーコンピュータの計算によりますとですね、件の馬のショ⚫️ベンの薄っいビールアルコール度数3.5%これが12オンスつまり355ml.ですね、これにアルコール度数40%の俺の大五郎をば60mlほど加えるとアレですよ、アルコール度数およそ8%弱の素敵なドリンクが出来上がるという算段ですよ。命名「ストロング・俺」。

パチパチパチパチ👏

                     f:id:dv6:20180317074904j:image

むかし、東京にいた頃だから20年から30年近く前の話ですけどね、焼酎をビールで割った「ビー酎」なる飲み物を飲んでたヲッさんが居たような気がします。今でもいるのかしら? や、今どきはビールよりは比較的安いホッピーで飲むのかな。ホッピーってなかなか飲むチャンスが無くて未だに飲めずにいるんですが、たぶんきっとこの「ストロング・俺」みたいな味なのかな、炭酸もホップの風味も薄くて、アルコールのキックが強い。や、焼酎のホッピー割りのが美味しそうだな。

とりあえず馬のアレはまだ10本もあるので、俺とお前と、スウェーデンの大五郎とで「ストロング・俺」を密造して機嫌良く消費したいと思います。あんまり飲んでばかり居ない為に、時々働きに行きます。

本当にありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

 

味噌を仕込む(覚え書き)

f:id:dv6:20180224102042j:image

2年ぶりに味噌を仕込みました。(2月の中旬頃のはなしです。)

 

 

     f:id:dv6:20180224103003j:image f:id:dv6:20180224102416j:image

 

味噌の作り方は簡単で、じゅうぶんに吸水させた大豆を、煮るか蒸すかしたものに、塩切りした米麹を混ぜて寝かせるだけです。

20時間ほどしっかり吸水させた大豆を、圧力鍋で30分炊きました。とても柔らかく炊けたので、20分でも良かったかも知れません。蒸籠で1時間ほど「むす」ほうが、豆の旨味が煮汁に流れでないので良いというレシピもありますが、じゅうぶんに吸水した大豆ならば、炊き始める時点での水は「ひたひた」に被るくらいで十分なので、煮汁はそれほど出ません。

 

材料の配分やコツなどは、 ネットで調べれば色々出て来ます。米麹に混ぜる塩の割合と大豆の割合で、甘口から辛口の違いが出るようです。米や麦を入れる作り方もあるようです。

何処もかしこも塩分控えめのご時世ですが、ここで塩分を控えすぎると、カビが発生したり、うまく発酵が進まない問題が出るようなので、先人の経験と知恵に素直に従うのみ。中辛口の味噌を目指します。

 

    

f:id:dv6:20180224103704j:image

煮上がった大豆を潰します。別にすり鉢や擂り粉木を使う必要はありません。丈夫なビニール袋にでも入れて、ビール瓶で叩いてもいいようです。たぶんその方が早いかもしれません。火傷するほど熱いうちにやる必要は無いと思いますが、温かいうちにやった方が塩梅が良いようです。

 

f:id:dv6:20180224103722j:image

潰しました。柔らかく煮上がってたので、すり鉢の中でヘラで潰すことも出来ました。

 

 

  f:id:dv6:20180224102441j:image  f:id:dv6:20180224103042j:image

煮上がった大豆の重さを量り忘れてしまいましたよ。大豆は乾燥重量で1パウンド=454グラムでした。これに米麹650グラム、塩260グラムとしました。米麹に塩を混ぜ(「塩切り」と言うそうです)ます。

大豆は奮発して、オーガニックのものを取り寄せました。といってもアメリカで大豆はとても安いので、1パウンド=454グラムでも、たったの$5でした。こちらで購入。

nuts.com

余談ながら、ここのナッツ類は、品質が良いので、よくミックスナッツや、クルミなどを取り寄せてます。糖質制限食には欠かせない食材です。

 

 

 

 

f:id:dv6:20180224104059j:plain f:id:dv6:20180224104126j:plain

さて、これらを良く混ぜます。

 

f:id:dv6:20180224102042j:image

空気を抜くため、ボール状にします。

 

 

   f:id:dv6:20180302012540j:plain

重さを量ったら1850グラムありました。米麹が650グラム、塩が260グラムでしたので、煮上がった大豆の重さは940グラムという計算になりました。乾燥重量の2倍と少しですね。1.8キロの味噌が出来上がるということですか。

大豆が$5、米麹の値段をよく覚えてないんですが、今ネットで調べたら、200gのもので300円くらい、1000gで1000円ほどのようです。塩の値段は無視して、1.8キロの味噌を仕込むのに、ざっと1500円。日本での味噌の値段がよく分かりませんが、こちらアメリカで1キロいりの味噌が、$7~11前後(銘柄による)で売られているので、手間と労力を考えなければ、買うより少し安い、という計算になりました。や、混ぜ物なしのオーガニック味噌ですからね。オーガニックの味噌はもっと高かったはずなので、手作りのほうが断然安いと思います…手間と労力を考えなければ。

 

 

f:id:dv6:20180302012959j:plain f:id:dv6:20180302013019j:plain

(カビ防止のため)アルコールで拭いた容器に、間に空気が入らないように味噌玉を詰め込み、ラップでピッタリと覆います。ラップの上や容器との境目、淵をアルコールで拭いて、ゆるーく上蓋を被せて完了。あとは寝かせるだけです。

重しを乗せる人も居るようですが、この程度の少量であれば不要だと思います。また、夏至の頃に「転地返し」といって、上下を混ぜるという作り方もあるようですが、同じくこの程度の少量では、発酵ムラが出来るようでもないので、放置です。

味噌は麹で発酵させるので、夏場の気温の高い時期が一番発酵が進むようです。時々様子を見て、もしカビが生えてたら、そっと取り除けばいいようです。

夏ごろから食べられます(きゅうりにつけて食べると最高ですね)が、夏が過ぎて涼しくなって、冬になった頃からおいしく食べられます。

やー楽しみです。

ウイスキー&ソーダ

f:id:dv6:20180222083501j:image

不規則な仕事をしているので、夜中じゅう起きてたり、昼寝したりするわけですが、天気のいい明るい時分に、飲みだすのってのは気分がいいものです。前々日くらいから家事ですね、買い物や惣菜の仕込みや洗濯や掃除を、周到にちゃっちゃと片付けておいて、予定通り午前中に帰宅して体制完了。お腹も空かせておいて、いざゴキュゴキュっと飲むウイスキー&ソーダは堪りませんね。柳沢きみおか?ゴキュゴキュって。

まーそれはさておき。

(わたくしは理不尽な主張や要求はしてないつもりですが、まそれとて煩い煩い愚痴に聞こえたりもするんでしょう。なので黙ってることにします。黙ってウイスキー&ソーダ。)

美味い美味い。

昔は、スコッチのスモーキーな風味がどうにも苦手で、アイリッシュ・ウイスキーか?日本産の風味が柔らかい、山崎みたいなウイスキーを好んで飲んでましたが、諸般の事情でソーダ割りを飲むようになると、炭酸に煽られて立ち上ってくるウイスキーの風味、特にスコッチのスモーキー風味の美味さにヤラレテしまったのでした。ストレートで飲むなら、今でもアイリッシュ・ウイスキーや・日本の山崎などが好きですが、日々ソーダ割りで飲むなら断然スコッチだと思っているこの頃な訳です。(個人の感想です

 

 

築地の漬物屋さんはタオルも素晴らしい

f:id:dv6:20180208071731j:image 

遅ればせながら新年おめでとうございます。

更新が滞ってしまい、旧正月近くなってしまいましたけれども、立春も過ぎて太陽の角度もいい感じになって来たので、ボチボチやっていこうかと思います。

 

写真は、後述する漬け物屋さんで梅干しを求めたら頂いたタオル。なんて書いてあるんだろう。達筆過ぎて読めません…「御多織る」「御タオル」か!さすがグーグル先生ですねぇ。検索したらすぐに分かりました。凄いなぁ。

このタオル、これが程よく質の良いもので、身体を洗うのに使っているのですが、その漬け物屋さんの名前がプリントされてるもんだから、使うたびに思い出され、返す返すも良いお店、商いをされてるなぁとしみじみ思うのであります。こいつぁ春から縁起が良いやってな話です。

 

築地場外に(場内にも店舗があるらしいです)「Y」という漬け物屋さんがあります。私は2年ほど前の一時帰国の折に、ここで梅干しを求めて帰ったのですが、これから飛行機に長時間乗る、と言うと、店員のおばさまが、じゃぁ万が一にでも液漏れしないようにとビニール袋を2重にして輪ゴムで固く巻いてくれて(完璧でした。液漏れせずに帰宅しましたよ)、福神漬けをオマケに下さったり(美味しかったです)、何とも気持ちいい対応をして下さったのです。肝心の梅干しも、塩分15%の本物材料は梅と塩だけ、冷蔵庫に入れなくて保存大丈夫という昔ながらの梅干しで、確かに塩分も酸味も旨味も揃って美味しい梅干しでした。弁当にちょっとずつ入れて長いこと楽しみましたよ。

そうそう。「本物の」梅干しの実力は、鯖の味噌煮を誂えた時にも発揮されたのでした。私は鯖の味噌煮を炊くときに梅干しを少し、種なんかも取っておいたのを入れるのですが、以前はその辺で手に入る「梅漬け」やら梅干し風のものをまーこんなもんだろうくらいに思って使っていました。鯖が柔らかくなるし、酸味が少し入ると良い感じになりますね。好みもありましょうけれど。ところがこの「Y」で求めたストロング本気タイプの梅干しで炊いた鯖味噌は、梅干しを入れるとはこういうことか!と、まろやかな酸味と梅のほのかな風味が甘辛い味噌味と踊りだしており、過去最高の傑作となったのでありました。まこれは自分で米麹で仕込んだ味噌を使ったから、というこれぞザ・手前味噌という下駄も履いてるからかも知れませんが。梅干し凄いぞと。あそれと焼酎ですね、こちらでは入手が難しいので滅多に飲みませんが、これの「梅割り」なんかにも最高です。梅干しはストロング本気タイプのものに限りますね。

そんなわけで今次2年ぶりに巡って来た一時帰国のチャンスに、また築地の「Y」で梅干しを求めるチャンスを作ったのであります。1月の最初の週だったかな。正月明け間もない日でした。(場内某店で朝6時半過ぎに鮨を食べた後の、まだ朝早い時間でした)店に赴くと、若女将かな?という風情の女性に対応して頂いたのですが、私が手にした梅干しを「それはウチで扱っている梅干しでいちばん塩分が強い15%のものになりますが、いいですか?」と確認してくださり、私が、はいこれぞ私が求めているものです、今どきは減塩のものが主流で、塩分が高くて常温で保存出来るものがなかなか手に入らないもので…という話から、これからアメリカに帰ることや、前回は店員さん親切にして頂いたことなどを話すと、先日もハワイから日本人のお客さんが買いに来たと仰ってました。そりゃ行きますとも。そして築地場内の店舗は移転するけれど、場外のこのお店はそのまま残るので、またぜひ来てくださいと、写真のタオルを頂いたのでした。

そう言えば、思い出した。そもそもこの「Y」は、場外の別の店の店頭で、梅干しを見かけ吟味している時に、そこの若旦那と思しき男性が、あ、そういう(塩分が高い昔ながらのストロング本気タイプの梅干し)探しているのなら、あそこ行くと良いよ、と勧めてくれたお店だったのです。えっ?商売敵じゃありませんの?と思ったりもしたのですが、同業者どうし品揃えで客層の棲み分けのようなものをしているのか、このお店と「Y」の呼吸というか信頼関係といいますか、客は求めているものを買ってもらおうという築地の商売の心意気を感じたのでした。どちらのお店も真っ当な商いをされてるなぁと思いました。場内では2年前に来たときに、とある店で騙し売りみたいな嫌な思いもしたので尚更でした。

「昔ながらの」梅と塩(と赤紫蘇)のみを原料にして作っている、塩分濃度高め(15〜20%+)の梅干しは、今どきなかなか見かけないんですね。流通保存技術の発達や健康志向(減塩推奨)というのもあるんでしょうけど、家庭で作らなくなったからでしょうね。私の日本の実家でも、確か20年くらい前までお婆さんが作ったとか、ご近所か親戚からの頂き物で、ストロング本気タイプの梅干しがあったと思います。塩っぱくて酸っぱいの。子供の頃のオニギリや弁当にはこれが入っていたものです。コンビニがわらわら出て来て、パリパリ海苔のオニギリが流行り始める前までの話です。

梅干しは、まー極私的には材料さえ揃えば自作したいもののひとつではあるのですが、北米では漬け物に出来そうな梅がどうも見かけないんですよね。アジア系のスーパーで、短い期間にほんの少量見かけるくらいで。

それはさておき、先述の「築地の商売の心意気」というところに話を少し戻すのですが。「御年始」の熨斗のかかったタオルですね。程よい質の。これは想像ですが、担保された質を見るに、もうずっとお付き合いしている築地の問屋さんで仕入れてるんじゃないかな、と、ふと思ったのでした。合点が行く話じゃないですか。

商店街なんかで貰う庶民派のタオルとはちょっと違う、少し厚みがあるなぁと、貰った時に気づいてはいたんですけどね。あこれは良いものなんじゃないかと。なのでそんなに直ぐに使うつもりじゃなかったのですが。築地の後、同行の友人と「●●●の湯」というスーパー銭湯みたいなところに行きまして、着替えは持って来ていたものの、タオルは貸しタオルを利用しようと思ってて、持ってきて無かったんですね。けれども丁度タオルを貰ってしまい、これぞ渡りに船、と使うことにしたのでした。生地といい厚みといい塩梅の良いタオルだったのでアメリカまで持ち帰ってはや1ヶ月。大事に使わせて頂いております。また必ずや寄らせてもらいますよ。「Y」さん。

 

ジェノベーゼ

f:id:dv6:20171225230348j:image

いわゆるバジルソースですね。

 

今年もあと僅かですね。

今年はバジルの室内鉢植え栽培が上手くいって、年末だというのに、もりもり元気なままでした。

 

f:id:dv6:20171225230736j:image

写真のと、もうひと鉢、窓際に置いておいて、時々薄い肥料を混ぜた水を与えるだけでした。ひと鉢はタネから育て、もうひと鉢は、スーパーで小さい鉢に植えられてるのを植え替えたものでした。どちらもモリモリ良く育って沢山の葉を繁らせてくれました。思うに花芽が出たらことごとく摘んだ効果だと思います。花も咲かせたり種をつけるエネルギーだとかホルモン様のものだとか、葉っぱをモリモリと繁らせることしか出来なかったのだと思われます。思えば気の毒な事ですが、まぁいづれにせよ冬は越せないであろう一年草です。長い事楽しませて貰いましたが、3週間ほど留守にするのでここらが潮時。ジェノベーゼを作る事にしました。

 

f:id:dv6:20171226074255j:image f:id:dv6:20171226074312j:image f:id:dv6:20171226074326j:image

材料はシンプルです。割などはネットで適当に拾ってきました。

バジルの葉 採れただけ 110g

クルミ 55g (松の実を使うレシピもありますね。)

にんにく 5かけくらい(写真には大量に映ってますが、これはこのあとトマトソースを作ったりするために剥いたものです。縦半分に切って、ようじなんかで芽を取り除くと良いですね。)

オリーブオイル だバーッと165gくらい

塩 小さじ半分くらい

以上です。

f:id:dv6:20171226074904j:image f:id:dv6:20171226074919j:image

これらの材料を、最初はバジルの葉以外を全部ガーっと、ブレンダーかフードプロセッサーでペースト状にして、あとはバシルを何度かに分けて、いい塩梅のペースト状になるまでガーっとするだけです。モッタリするようならば、オイルを足せばいいので、オイルは最初控えめにしといたほうがいいかも知れません。

f:id:dv6:20171226075244j:image

出来たら瓶に入れて、上からそっとオリーブオイル注いで空気に触れないようにしておくと、変色が防げます。冷蔵庫で結構持つんじゃないかしら?

茹でたパスタに好きなだけ絡めてジェノベーゼってのは言わずもがなうまいでしょう。

けどもけども、糖質制限しているヲッさんは、チキンや鯖のグリルに合うのでおススメです。魚全般にいけると思います。衣に少し混ぜて、イカのフライとかね。

 

へば。