宇宙日記

宇宙にはぜんぶある。(消防署のほうから来ました。)

ポルトガル旅行 まとめ(おもにスマホ礼賛)

f:id:dv6:20170908005016j:image

ポルトガル名物、イワシの塩焼き。

サルディーニャ アサドゥス。美味いですよ。これだけで、ビールもワインもガブガブいけちゃいます。付け合わせは、お店によってでしょうけど、この写真のジャガイモも地味に美味いです。白ワインビネガーをダブダブ振りかけて、ムシャムシャ食べると良いです。ポルトガル万歳。

 

このブログは、おもに自分の記録用なのですが、旅の情報を探してたどり着くかたもいると思います。せっかくなので、少しだけ役に立つかもしれない情報を書いておきます。

 

f:id:dv6:20170908005343j:image

 

日本からポルトガル(リスボン)への直行便は無いようですが、米国東海岸からはあります。およそ7時間で着きます。米国夏時間との時差は、ポルトガルが5時間進んでいます。

つまり、米国東海岸時間の夜10時の直行便に乗ると、リスボンに(現地時間の)翌日の午前10時に着く計算になります。良い塩梅ですね。まー米国東海岸からの欧州便は、そういうの多いんですが。

 

f:id:dv6:20170908010621j:image

(インド航路開拓に成功して、王様に褒められるバスコダガマの図)

 

で、旅行の情報ですが、これはポルトガルに限ったことではありませんが、「地●の歩き方」や、「る●ぶ」など、バイブルのような情報本もあり、とても参考になりますが、いかんせん紙の出版物は、情報のアップデートが遅いです。大いに参考にはなりますが、情報が古いかもしれないということを織り込んでおいたほうがいいです。

 

f:id:dv6:20170908012719j:image

では、最新の情報をどう取るか、ということですが、これを文明の利器に頼らない手はありません。スマホですよ。タブレット端末でもよいです。simフリーであれば。

リスボンの空港では、15日間有効、国内通話500分、データ通信5GBのvodafoneのプリペイドsimカードが€20で売ってます(2017年9月)。

スマフォさえあれば、これで最新情報を検索出来ますし、googleマップも使えるので、市内の入り組んだ路地も迷うことがありません。TripAdvisor なんかのアプリでも入れておけば、近くのレストランの検索から予約、博物館の開館時間まで、サクサク調べることが出来てしまいます。これで本当に助かりました。重たいガイドブックを持ち歩かなくていいし。

注意点としては2点あります。私のスマホは米国仕様のsim lock free iPhone 6sなのですが、simカードを入れ替えたあと、1度ネットワークの設定をリセットして新しいプロファイルをダウンロードしなければ使えないということです。これはアメリカから日本へ一時帰国した時にも経験したのですが、成田空港でプリペイドのsimカードを購入した時にもこの作業が(新しいプロファイルをダウンロードするためにwi-fi環境が)必要だったのに、暫く気付かず、wi-fi境下意外では2、3日電話が使えず困ったものでした。

2点目は、電源プラグとバッテリーです。ポルトガルのコンセント(アウトレット)のプラグの形状はCタイプと呼ばれる、西ヨーロッパでは一般的な2ピンタイプのもので、日本またはアメリカ仕様のものとは合いません。変換プラグをお忘れなきよう。電圧は220Vですが、アップルの純正充電プラグは240Vまで可と書いてあるので、変圧の必要はありません。それから地図などを常に使っていると、思いのほかバッテリーを食ってしまうので、予備バッテリーは念のため持っておいたほうがいいと思います。どこでも充電できるとは限りませんので。(空港やレストランなどでは、考えることは皆同じで、充電できるアウトレットのある場所は、大概ひとがいっぱいです。)

 

f:id:dv6:20170908013551j:image

(ポルトガルビール会社の第二勢力、Super Bock。淡麗でうまいです。)

 

スマホの便利さの極みはUberです。リスボン市内ではUberが使えるので、ボッタクリの心配が無く気軽にあちこち行けます。2人以上で動くなら、地下鉄やバスでは少し不便な場所へもリーズナブルに移動できます。滞在中に何度も利用しましたが、昼間でも少し遅い夜でもすぐ来てくれて、運転手は親切で、チップも不要(あげたければあげても良い)です。日本では規制が厳しくて?Uberのサーヴィスが無いみたいですが、これからオリンピックも開催する、観光に力を入れている国としては如何なものかと思うんですよねクールジャパン。利用者の立場になって考えれば、呼べば直ぐに迎えに来てくれて、言葉の心配が不要で、事前に料金が分かるタクシー(的な)サーヴィスって、とてもとても有り難いと思うんですけどねぇ。

 

f:id:dv6:20170908014105j:image

 

更に更に、「google翻訳」のアプリでポルトガル語のファイルを入れておけば、言葉の心配もまずありません。ポルトガルは観光立国なので、ほとんどの人は英語を喋りますし、レストランでもまず英語のメニューは置いてあるので、そこまでポルトガル語→日本語訳が要るとは思えませんが、現地語でコミュニケーションを試みるというのは、正しいリスペクトだと思うし、何より通じると楽しいですよね。ましてポルトガル語は、例外はあるものの、カタカナ読みで発音はオッケーなので、驚くほど通じてしまいます。これ本当。

 

f:id:dv6:20170908014512j:image

あとは〜…カードが使えない店も時々あるので、キャッシュは少し余裕を持っていたほうがいいと思います。数ドルの買い物でもカードを使いがちなアメリカの生活に慣れていると、え?カード使えないの?と青くなったことが何度かありました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

ポルトガル旅行 ロカ岬 シントラ カスケイス

Aqui Onde A Terra Acaba E O Mar Começa.

(此処に地終わり海始まる。)

と十字架の石碑の土台に刻んであります。

 f:id:dv6:20170907193928j:image

ユーラシア大陸の最西端の「ロカ岬」に遂に来ました。

せっかくリスボンまで旅行に来たので、ユーラシア大陸の最西端であるところのロカ岬は観てみたいなと思っておりました。バスコダガマがインド航路を開拓云々…は、改めて調べると面白いのですがそれはさておき。

f:id:dv6:20170907194017j:image

ロカ岬は、リスボンからそれほど遠くないようで、路線バスも出ているし、レンタカーでも行けるようです。街中の渋滞に多少はまったとしても、片道2時間くらいで行けるんじゃないでしょうか。リスボンとの往復ならば、風光明媚な海岸線を、カスケイスの街を覗きながら行くのも味わい深いと思います。

f:id:dv6:20170907194053j:image

が、路線バスは本数も限られている上に、運行時間の制約もあるし、ロカ岬でビールを飲みたいのでレンタカーはNGという人(私のことですが)は、現地ツアーに申し込んで連れて行ってもらうのが簡単です。

f:id:dv6:20170907191222j:image

リスボンからロカ岬だけ行って来るというツアーは、たぶん無くて、リスボンから世界遺産であるシントラに行って、ペーナ宮殿を見学してから、ロカ岬→カスケイス→リスボンという日帰りツアーというのが一般的で、私もこれを利用しました。ひとり€75で、宮殿の入場料込みでした。昼食は、ツアーによるのでしょうが、シントラか郊外のレストランで各自(ツアー代金には含まれず)とるか、ガイドにお任せすると、(たぶん)ズブズブに懇ろな、もといお知り合いのレストランに御案内されて、まーそれなりの(ポルトガルなので、料理は美味しいですよ)食事、肉か魚介料理を選ばされて、けど赤白ワイン飲み放題🍷、追加でビールも頼んだけど追加料金無しで€20ポッキリ、という食事が体験出来ます。他のツアー客と楽しく御歓談するのも一興。

f:id:dv6:20170907192308j:image

今回利用したのは、VELTRAという日本の旅行手配をしてくれるウエブサイトでした。悪くないと思います。

定員8人の少人数のツアーだったのが良く、時間に遅れたりする人も居なければ、音楽や電話がうるさいひと(アメリカにはいがち)も居なくて、少人数のグループなので直ぐにボツボツ話すようになって、なかなか面白かったですね。フランス人のオババ2名、ポーランド人の老カップル2名、カナダはケベック州から来たという女性1名、そして日本人2名という構成でした。フランスのオババチームだけが英語を理解しなかったので、運転手カイドのお兄さんは、フランス語と英語で案内してくれました。そのほか客同士の会話はカナダ人女性が英仏語の通訳をしてくれて、とても面白かったです。フランス人オババチームのワインや食事へのこだわりは、えらい面白かった。そしてみんな昼間からワインをガブガブ飲む飲む。

f:id:dv6:20170907193526j:image

 

 

リスボン 3

f:id:dv6:20170906012030j:image

「発見のモニュメント」

 

f:id:dv6:20170906012209j:image

テージョ河から見た市街

 

f:id:dv6:20170906012347j:image

洗濯ものが干してある家。そう言えば、滞在しているアパートメントホテルにも、乾燥機は備え付けがありませんでした。テージョ河でヨットに乗ったとき聞いた説明によると、リスボンは年間を通じて晴れの日が多く、雨の日は40日くらいしか無いとか。

洗濯物も直ぐに乾きそうではあります。

 

f:id:dv6:20170906012831j:image

ポルトガル語はよく分かりませんが、たぶん「(居住者の)車庫出し入れ以外進入禁止」みたいな標識でしょうか。

リスボンは土地が起伏に富んでいて、細い道が入り組んでいます。

スマホとグーグル先生が無かったら、迷子になる自信あります。

まー、道に迷うのも意外なもの見つけたりして楽しいんですけどね。治安も悪く無いようですし、人々は親切です。こちらがお金を使う観光客というのもあるんでしょうけれども。

 

f:id:dv6:20170906013458j:image

横尾忠則氏なら見逃さずに描きそうな、グッと来るY字路(個人の感想です)。

 

f:id:dv6:20170906014345j:image

自転車屋さんの店先にあったというわけでは無いです。

小学生だった遠い昔、プラスチック製の「チエリング」(ググったら出て来ると思います。)なるカラフルな、一個一個繋げたりして遊ぶおもちゃがあったんですよ。女子は主にこれらで「お手玉」作って遊んでましたね。ワシら一部の男子は、これらカラフルなのを、自転車のスポークに嵌めて、車輪が回るとカラカラと騒音が出るようにして乗り回していました。

しかしこの自転車はシャレオツですね。色遣いが子供の仕事では無い気がします(個人の感想です)。

 

f:id:dv6:20170906015144j:image

テージョ河対岸のキリスト像に、昇る月。

 

絵になる街ですね、リスボン。

 

f:id:dv6:20170906015342j:image

ワインも安いので、毎晩呑んだくれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リスボン 2

f:id:dv6:20170904180737j:image

魚介類が美味しい。これはタコとジャガイモとカブ。

f:id:dv6:20170904185717j:image

鉄板のアサリのガーリック蒸し、オリーブオイルだぶだぶ。これに茹でたスパゲッティ入れたい。

f:id:dv6:20170904185914j:image

9月になったばかりだけど生牡蠣。うまい。

f:id:dv6:20170904190054j:image

刺身の盛り合わせだそうです。

f:id:dv6:20170904190143j:image

握り。ホタテにイワシにマグロ。

f:id:dv6:20170904190251j:image

サバの握り。バーナーで炙ってあって、香ばしくて好みでした。

13年くらい昔、カナダはモントリオールでも、ベトナム人だという大将のいる店で、炙ってあるサバの握りが出てきて、美味しかったのを思い出しました。アメリカでは見かけた事がないですね。日本の回転スシにはあったかも知れません。

 

f:id:dv6:20170904190810j:image

〆は、抹茶ジェラート。これは通りがかったジェラート屋さんで。

 

美味いは正義。

リスボン

f:id:dv6:20170902193559j:image

リスボンに来てます。10日ほど滞在する予定です。

快晴が続いていて、昼間の日差しはまだ強く、気温は27〜8度、けれど湿度がそれ程高くないようで木陰に入れば涼しいし、朝晩は20度を切るくらいで、夏の終わりのいい時期に来たようです。

f:id:dv6:20170902194231j:image

食事は(アメリカ東海岸の都市部の外食に比べると)驚くほど安くて美味しい。何を食べても美味しい。そしてビールもワインもこれも驚くほど安くて美味しい。

f:id:dv6:20170902194557j:image

部屋飲みように買いに出かけたら、これらは、決して安ワインではなくて、普通のワインですからね。1本2ユーロもしないってなんでしょうか?水と値段が変わらないじゃないですか。

駅前や繁華街の移動式屋台で売ってる水なんかは1.20ユーロはしますからね。

 

まだリスボンの中心部にしか居ませんが、ざっと歩き回った感じ、治安は悪くない感じです。

坂が多く、歩道は狭く、ツルツルの石畳みは少し歩きにくいけれど、河口から吹き上げて来て、建物のあいだで勢いを増したような風にあたると、何とも心地の良いものです。

f:id:dv6:20170902195619j:image

そしてビールも安くて美味しい。

Sagresというポルトガルのたぶん大手ビールメーカーなんでしょうけれど、どんな小さな飲食店に入っても、まずドラフト、生ビールが置いてあります。500mlのグラスで3.5ユーロほど。ガブガブ飲む人は1リットルの特大ジョッキで6ユーロくらいのがあります。淡麗なラガー、ピルスナータイプで軽くてゴクゴク飲めてしまいます。まー前述の通りワインが安いので、美味しい食事をしながらそちらに切り替えるのも良いですね。気安いお店なら美味しいviho verde がフルボトルで8ユーロとかそんな、えっ酒飲み天国ですか此処は?という値段で供されておりまする。

f:id:dv6:20170903044327j:image

 

つづく 

 

 

部分日蝕

f:id:dv6:20170824042006j:plain

(iPhone 6sで撮影)

8月21日(月)は、北米を横断する(場所によっては「皆既」)日蝕でした。当地では蝕の最大が80%くらい。

(前の晩から朝まで仕事だったので)あー…まー…天気が良かったら観ようかなぁくらいの気分で居ましたが、これが快晴。観ないわけにはいかないぢゃないですか。

しかし、およよ。

観察用のサングラスは1カ月も前からどこも売り切れで買えず。Amazonでも10個セットで100ドルとか、エグイ商売が展開されててグッタリですよ。

 

むかし観た日蝕で記憶があるのは1981年のだったかな。ネットで調べたら7月31日月曜日でした。たしかに1981年。当時中学生の私は、夏休み中ですね。うん。部室(音楽室)から、眺めた記憶があります。たしか、ガラスにロウソクで煤をつけて。あれっ、100円ライターみたいなので炙ったんだっけかな?それは誰が用意したんだろう?

BGMはRCサクセッションでいかがでしょうか?81年だから、あるいはイモ金トリオの「ハイスクールララバイ」。まーそんな時代ですよ(遠い目

 

 

と、日蝕メガネが無ければそれをまた自作すればいいじゃない、と思いついたわけで、鍋のフタにロウソクで煤を付けて作りましたよ。日蝕観察ナベ蓋。

ファンタスティック。

f:id:dv6:20170824043250j:plain

必要は発明のマザー牧場(®ガッツ石松)と申します。結論としてはバッチリでした。で、これをiPhoneに被せて撮れた写真が冒頭のものです。まさか撮れるとは思わなかったけど、数うちゃ中るもんですネ。

 

…ツラツラ思うに、1981年なんて36年前ですよ。昔過ぎてクラクラしますよね。戦後36年ですから。…時間の感覚としてそういうことなんです。今年は戦後72年で、その倍の時間が経っているというわけです。1981年は中学生でしたが、「終戦」なんて生まれる前の遠い昔の話という感覚しかなかったけれど、あの時点で「戦後36年」です。それから36年たって2017年。中学生だった36年前は、昔は昔だけれど、そんなに「遠い昔」って程ではないんですね。記憶があるし、何をしてたか覚えてるし。結局「その時」に生きてて記憶があるかどうかで、「過去」の時間の感覚って随分違うんだなぁという話ですよ。

 

まそれはさておき。アメリカ大陸では100年ぶりくらいの皆既日食のチャンスだったようで、ウチから1時間くらい車で南に行けば、皆既月食のポイントでしたが、まーそこまで運転するガッツも無かったですよ。こういう日は出かけずに大人しくしてるが吉。だと思うんですよ。億劫なだけともいうけど。

 

f:id:dv6:20170824045055j:plain

〆にもう一枚、奇跡的に撮れてしまった写真。飛んでる飛行機と、部屋の二重ガラスに屈折して反転して映った日蝕。写真なんてのは、数を打てば(撮れば)、何枚かは良いのが取れてしまう取れてしまうもんですね。ほほぅ。

 

夏水仙(ナツズイセン)

f:id:dv6:20170808110216j:plain

『暑さ寒さも彼岸まで』なんて言いますが、はて「彼岸」(ひがん)って何ぞや?と考え出すと、夜も眠れませんやね。(®春日三球照代)で御座いますが。

彼岸、については、Wikiなどご自分で健作チャー吉川クンもとい検索されますようよろしくお願いします。 

それはさておき。

彼岸花。

あるいは曼殊沙華(マンジュシャゲ)。

と思ったら、写真のものはどうやら極めて近親種の「夏水仙」(ナツズイセン)という花のようです。

棲んでるアパートの入り口付近で発見したの。 

さすが近親種。曼殊沙華(マンジュシャゲ)と同じで、花の咲く時分には葉が無くスッくと立ち上がる姿は美しいですね。

そして、曼殊沙華(マンジュシャゲ)或いは「ヒガンバナ」の近種よろしく、毒があるそうです。たぶん水に曝したりすれば食用になったりするんでしょうけどもそれはさておき。